歯科

素材を選ぶ

患者様本位の素材を開発する

歯医者

いつの時代も笑顔の美しい男女は人の目を惹き付けます。一方笑顔は歯を露出させる行為ですから、歯が欠けていたり汚くなっている場合、容易に笑えない現実があります。 人前で好きなだけ笑いたい時に笑えるように、歯に自信が持てない場合はインプラント手術を行なうようにしましょう。 近年のインプラントは、様々な素材によって作られた製品が存在しています。 いわゆる人工歯根にあたる「ネジ」の形状も、スクリュータイプだけでなくシリンダータイプなどが存在しています。こうした違いにより、患者様個人に応じた最適な手術を行なえるようになっているのです。 またインプラント手術を行なう上で気になるのは金属アレルギーの問題ですが、そうしたアレルギーをお持ちの患者様に対応して、今後は多様な素材の人工歯根が生まれる事は間違いありません。

インプラントにおいて大切なカウンセリング

現在、インプラントはきちんとメンテナンスを行ないながら使い続けた場合、10年以上持つ事が分かっています。 インプラントを長く使用する上で大切なのはアフターケアです。定期的に歯科医院に通う事はもちろん、歯茎を守るためにも毎日の歯磨きは欠かせません。 良い歯科医院は、インプラント治療を行なう前にアフターケアについてカウンセリングを行なってくれるものですから、そうした歯科医院を探すようにしましょう。 特に歯軋りをする癖のある方は、噛み合わせが歪まないように定期的にメンテナンスしてもらう事が大切です。歯医者に通えばインプラント用のクリーニングも行なってもらえますので、小まめに足を運ぶようにしましょう。 また、インプラント手術の直後は、患者様の健康を保つために飲食を避けた方が良いものが存在しています。そうした説明を良く聞くようにしましょう。