歯科

技術の進化を知る

インプラント技術が進化してきた歴史

歯医者

大切な歯の見た目が悪くなってしまった場合、人間関係に支障を生む事があります。前歯の黒ずみや欠けが気になっていては、きちんと笑顔を作る事もできません。歯に問題を抱えている場合、歯科医院に足を運んでインプラント手術を行なってもらうようにしましょう。 インプラントであれば一般的な治療では治らない歯も、美しい歯に取り替えてもらう事ができます。 近代的なデンタルインプラントは1913年のヨーロッパで開発されました。安全性も性能も現代とは比較にならないインプラントですが、原理的には現在と変わらないものがその時代に生み出されたのです。 国内でインプラント技術が発達したのは1990年代の事であると言われていますから、比較的近年になってからの事です。

使いやすくなる最先端の治療法

近年のインプラントは、患者様の要望に応えて多様な要素が進歩している現実があります。手術も含めた安全性の問題、手術後の耐久性の問題、リーズナブルな費用の追求、大きく分けてこうした要素を寄り向上させようと努力が続けられています。 現在インプラント手術にかかる費用は一本約300,000円〜500,000円ですから、軽々には受けられない現実がありますが、インプラントの需要が拡大するにつれて、こうした技術が全体的に保険適用される日も訪れるでしょう。 それにより、インプラント手術を行なう患者様の数が増大しますので、国内における技術も益々進歩する事は間違いありません。 もちろん現在でもデンタルローンを取り入れている歯科が存在していますので、そのような場所で手術を受ければ分割で必要経費を支払う事が可能です。