歯科

技術の進化を知る

歯医者

インプラントは昔から原理が生み出されていましたが、安全性が高く実用性も高い製品が生まれてきたのが1990年台の頃です。さらに現在は高い技術が生まれてきています。

Read More

素材を選ぶ

歯医者

インプラントは、様々な素材で作られている製品が増えてきており、スクリュータイプやシリンダータイプ等多くのものが存在しています。アフターケアについてもしっかりと行ってくれる所をえらぶことが大切です。

Read More

歯科治療の技術

失った歯を蘇らせたいなら桶川でインプラントの施術を受けませんか?こちらの歯科なら設備も整っているのでオススメですよ。

歯医者

インプラントとは、医学的には体内に埋め込む医療機器の総称を指す言葉です。日本でインプラントというと、歯科インプラントのことを指す場合がほとんどです。歯をなくした場合、その歯肉の部分にインプラント体と呼ばれる金属を埋め込みます。その金属がやがては顎骨と結着して歯根となり、そのうえに義歯をかぶせることで治療は完了です。入れ歯やブリッジなどに比べ、安定感がありしっかりと噛むことができるのが大きな特徴のひとつです。また、ほかの健康な歯を傷つけることなく治療ができるのもインプラントの特徴です。 この治療は健康保険の適用されない自費診療となるため治療費は高額です。診察・術前検査・手術・義歯などあらゆる費用を総額すると平均でも35〜40万円はかかります。口腔内の状態や義歯の種類によってはより高額になることもあります。

インプラント治療は日本では近年急速に広まった技術ですが、意外と歴史深い医療です。古くはローマの遺跡にもその痕跡が見つかったとされています。インプラント治療が大きく動いたのは、今も使用されている金属「チタン」が骨と結着することが発見された1950年代のことでした。その後、スクリュー型のねじによる臨床実験が繰り返され、技術は著しく発展していきます。その結果が世界的に広がり始めたのが1980年代のことです。 日本で初めてインプラント手術が行われたのは1980年代のことでしたが、一般的に広まり始めたのはここ数年での出来事です。近年では日本でも歯の美しさに着目する人が増えたこともその理由の一つと言われています。最近では先述した平均価格よりも低価格で治療を行うクリニックも増えています。今後もますます価格競争は進むとみられていますが、医師の技術精度に着目したクリニック選びも重要です。

クリニックの方針

歯医者

インプラントを行ううクリニックは増加してきています。クリニックを選ぶ際には慎重に行っていくことが大切です。ホームページ等を見るとそのクリニックがどのような治療方針を持っているのか知ることができます。

Read More